Message from Joe Barnett
  ジョー・バーネットからのメッセージ   Scroll down for English

Hello Yogis, 

December 10th, 2020

 

トレーニングの合間の休息、またホームプラクティスを楽しんでいらっしゃるでしょうか。トレーニング内の、ティーチングプラクティスも楽しみにしてくださっていることと願っています。

 

最後の課題として取り組む、エキサイティングなティーチングプラクティスをご紹介します。3つのポーズからなるシークエンスが2つ、ランダムに与えられます。リストは、こちらからご覧ください。土曜日に詳細についてお知らせしますが、日曜日には、それらのシークエンスのうち、1つを選んで、3人1組でのティーチングプラクティスをしていただきます。

 

各自の持ち時間は、30分間です。今はまず、リストからあなたのシークエンスを書き出して、ターゲットエリアの説明、バリエーション、7つの陰ヨガのステップに従って、それらのポーズを教えることについて考えてみてください。

 

 

心配しなくても大丈夫です。土曜日に、やり方を説明します。そして、日曜日に3つのポーズからなる2つのシークエンスのうちの1シークエンス(3ポーズ)を選んで、教えていただきます。 残りのシークエンスは、来週に教えていただきます。

 

ここまでのペアワーク、ホームワーク、そしてQ&Aを通して学んできたことを、次のレベルへと昇華させるためのプラクティスです。エネルギーカーブの輪郭をはっきりとさせ、ポーズ、ステップ間の移行を滑らかにすることにも注意を払っていきましょう。

 

では、また週末にお待ちしています。

Om 
ジョー・バーネットとチーム インバリエーションズ 

Hello Yogis,

December 10th, 2020

Hello Yin Yogis,

We hope that you are having some wonderful time off and enjoying your home practices. We also hope that you are excited to get back to our Yin Studies together and more Teaching Practice!

 

Our final practice teaching will have a new and exciting level. We are giving you each a 3-pose sequence. You will see your sequence here. On Friday/Saturday, we will discuss the details of how the teaching day will flow. And on Saturday/Sunday, we will group you with 2 other students, and the 3 of you will each teach your 3-pose sequence to your 2 other colleagues.

 

You will each have 30 minutes to complete your teaching. For now, all you need to do is copy your assigned 3-pose sequence from the list and begin thinking about how to describe the Target Areas of your poses, the Variations you will offer, and how you will lead your fellow students though the rest of the 7 Phases of a Yin Pose and link your 3 poses smoothly.

 

Again, we will discuss the teaching plan more thoroughly on our first day of the coming weekend, and then on the second day you will teach your 3-Yin Pose Sequence.

 

Now it is time to practice teaching one pose after the next. Now it is time to sculpt your Energy Curves and smoothing out the transitions.

Om
Joe Barnett and Team Yin Variations

Hello Yogis, 

November 26th, 2020

 

3連休を私たちと一緒に過ごしてくださり、ありがとうございました。チーム インバリエーションズはもう私たちだけでなく、皆さんもチームの一員です。ここまで共に探求し続けてきてくれた皆さんに感謝しています。

 

皆さんがどんな言葉でロールプレイを行い、ティーチングプラクティスをリードしているか、通訳を通して聞くことができました。ナレーションがスムーズに行えるようになりました。トレーニングで学んできた「陰ヨガの伝え方」を実践できるようになりました。自分なりの伝え方を探求する努力も垣間見ることができました。その様子にとても満足しています。

 

ここからも、ご自身の体で、また想像上の生徒さんの体で、無限に広がるバリエーションの世界を探求し続けてください。それぞれのバリエーションをどのように感じますか。また、想像上の生徒さんたちはどう感じるでしょうか。

 

先週のホームワークですが、まずシークエンスを想像することから始めてください。日曜日の午後のプラクティスで行った「ヨギーのチョイス」のクラスで選んだシークエンスを使うこともお勧めします。参考までに「陰ヨガのサイクル」をおさらいします。

 

7 PHASES OF THE YIN CYCLE
陰ヨガの7つのステップを使った陰ヨガのサイクル(時間配分の参考)

 

1 ターゲットエリアの説明 +  2つのバリエーション= 2 min

3 じっとする + 4 リラックスする = 5 min

5 出口案内 + 6 余韻 = 3 min

7 陽の要素 = 1 min

    = 11 min X 5 ポーズ 

    = 55 minutes

    + 10 min クラス冒頭・クロージング                                               

    + 10 min “ウィグルルーム*”                                                                  
  = 1 hour & 15 minutes 合計75分

 

*ウィグルルームは、もぞもぞと動ける余裕、つまり調整可能な余白のことです。例えば、60分のクラスを計画する際には50分のレッスンプランを立てます。プラン通りに50分でポーズを終えたと場合、ポーズを1つ追加する、またはメディテーションに時間をあてます。

 

2つのシークエンスと簡単なスクリプトの書き出しがホームワークです。余裕がある人は、2つ目のシークエンスでは時間配分を変えるなどしてエネルギーカーブの強弱をつけてみてください。クラスを終えた後に生徒がどんな風に感じているか、クラス後の余韻をどう持っていきたいかについて考えみましょう。


繰り返し伝えますが、クエスチョンボックスを利用してください。
そして、呼吸、陽の呼吸、陰の呼吸、余韻を感じることを忘れずに。

 では、また週末にお待ちしています。

 Om

ジョー・バーネットとチーム インバリエーションズ 

Hello Yogis,

November 26th, 2020

Hello Yin Yogis,

Thank you for spending your Weekend and Holiday with the Yin Variations Team.  The YV Team is now much bigger than just Kanako, Kumi and Kumamon (Joe). You are all now part of of the process of discovery.

 

I was relieved to see you easily work with the Narrations. I was thrilled to see you leading each other with the new language of Yin you have learned. And I am now deeply satisfied to see you each exploring your own poses and pondering the possibilities of language.

 

I hope you continue searching both within your body and within your imagination as you expand your mind across the infinite possibilities of variation. Where and how do I feel the Variations? And where and how might others experience the same sequence of postures?

 

For the current homework, I encourage you to create your sequences with yourself in mind. Use the sequence you chose and practiced in Yogi’s Choice practice at the end of our last session.

Below is the Timing of my Yin Cycles in that class.

 

7 PHASES OF THE YIN CYCLE

 

 1 TARGET AREA + 2 VARIATIONS  = 2 min

 3 STILLNESS + 4 RELAX           = 5 min

5 EXIT + 6 REBOUND      = 3 min

 7 YANG       = 1 min

            = 11 min X 5 Poses                                                                       

            = 55 minutes

            + 10 min Opening/Closing Words                                                         

            + 10 min “Wiggle Room”*

           = 1 hour & 15 minutes

 

*“Wiggle Room" means that I give myself 10 minutes extra time in every class. For example if I have a 60 minute class I will only plan for 50 minutes. If I I actually finish my planned sequence 10 minutes before the end of the class time, I will add one more pose or a meditation.

 

I encourage you to change the number of minutes in your second class. In other words, we hope that you play with The Energy Curve. And consider how these changes in the Curve will change how your student’s might feel at the end of the class.

 

I am excited to see you again. Don’t forget the Question Box. Don’t forget to feel your breath….the yang, the yin, and the rebound.

 

Om,

Joe (Kumamon-sensei), Kanako, and Kumi

Hello Yogis, 

November 19th, 2020

 

ホームワークの提出、ありがとうございました!
皆さんの
学びの質、そして求めている質の高さを見て取ることができました。

早いもので、トレーニングは第8週に差し掛かろうとしています。第8週は、土・日・月、3日間の連続講座となります。土曜日にはサドルの原型についての講義を終える予定ですので、これで皆さんは、陰ヨガの5つの原型を全て網羅したことになります!

日曜と月曜の講座では、2度目のティーチングプラクティスを行います。課題は、サドルとツイストの原型です。2度目のティーチングプラクティスを終えたら、さらに陰ヨガの伝え方を学ぶワークへと取り掛かっていきます。

陰ヨガスートラも大切ですし、ナレーションプラクティスも大切です。感じていることを言語化することの大切さを学びましたが、「教えることは、2度目の学びである」とラーマヤーナに記されています。

準備としてできることは、これまでに取り上げた原型の復習に時間を費やすこと。そして、夏に開催した解剖学入門クラスを見直すことです。

ヨガ哲学の講義として、パタンジャリのヨガスートラについて引き続き触れていきますが、現段階て最も大切なことは、ティーチングに取り掛かるということです。自信が持てないかもしれませんが、皆さんは、その準備ができています。これは本当のことです。ご自身で自覚している以上に、準備はできています。

私、そしてチーム全員が、皆さんの力を信じています。そして、皆さんの手助けをしたいと願っています。アドバイスが欲しい人は、気兼ねなく申し出てください。まずは、週末にお会いしましょう。

Om

ジョー・バーネットとチーム インバリエーションズ 

Hello Yogis,

November 19th, 2020

Hello Yin Yogis,

Thank you for your previous homework which reflects your quality of interest and focus in class.

 

I will be so happy to join you on our 8th weekend session soon. It will be a three-day session as we add a Monday to our time. This will be a very special weekend as we will complete our analysis of Saddle Archetype on Saturday. At the end of Saturday, we will have fully completed the analyses of all 5 Yin Archetypes! 

 

Then on both Sunday and Monday, you will once again lead each other into a Target Area through an exploration of variations of Saddle and variations of Twist . 
 

Learning the Yin Sutras, Analyzing Archetypes and describing our own experiences with Narrations are crucial. But “to teach is to learn twice” as is said in the Yoga text, The Ramayana. 

 

We will also take time to review all of the Archetypes and their primary Variations. I encourage you to begin watching the recordings of the Archetype Series from this summer; eventually this will be your homework, so you can get an early start now. 

 

We will also continue deeper into Patanjali’s Yoga Sutras and other discussions of Yoga Philosophy.  

 

Yet most importantly, it is time to teach. You are ready. You might not know it yet, but you are indeed ready. 

 

I and the rest of the Yin Variations team have faith in you. And we are here to support you.
Please ask for any guidance.  See you soon!

Om,

Joe and the Yin Variations Team

Hello Yogis, 

October 28th, 2020

 

ナレーションのプラクティス、お疲れさまでした!

これまでの学びを実践として生かすことができましたね。バリエーションを探究し、感じていることを言語化することができていました。もちろん、生徒の体験はあなたの体験とは異なるものです。生徒さんに特定の反応を返してもらう方法ではなく、どのように対話を生むかについて一緒に学びました。

 

ぜひ、ご友人やご家族に協力してもらって、ナレーションの練習を続けてください。まず、何を感じているか聞いてください。そして、ポーズのバリエーションをいくつか紹介してください。

 

最小限の言葉を使って、

1)伸張と圧迫の違いについて伝え、2)ターゲットエリアを明確にしたら、

3)伸張・圧迫が感じられる箇所を手を使って指し示してもらってください。

 

バリエーションを説明し感じていること(良いことも悪いことも)を伝えるとき、そして生徒が感じていることを明確に表現する手助けをするとき、あなたはファンクショナルアプローチの本質を学んでいます。生徒に耳を傾ける練習をしているのです。

 

今週末は、4日間連続のクラスです。他の原型とバリエーションについて、また、ナレーション、ヨガ思想についてなど、それら全てを織り込みながら練習に練習を重ねていきます。

 

それまでは、なるべく休息をたっぷりと取ること、そして、あなたを笑顔にすることを見つけてください。週末にお待ちしています。

 

Om

ジョー・バーネットとチーム インバリエーションズ 

Hello Yogis,

October 28th, 2020

Hello Yin Yogis,

 

Congratulations on beginning your Narrations!

 

This is a satisfying time for us to see you bringing the lessons to work. You are now describing your experiences in the variations of the archetypes.  Of course, each Yogi’s experience is unique. Your students’ experiences will be different than yours. You are not learning what you hope your students will communicate, you are learning HOW you want them to communicate.

 

Please continue to describe your experiences in postures to your friends and family. And ask them to describe their experiences: Show them a couple variations of a pose. Teach them the difference between tension and compression in the least number of words possible, show them where the Target Area is, and ask them to show you with their hands where they feel  sensations of tension and compression.

 

Each time you go through the process of describing the variations and your experiences (good and bad), and each time you help someone else describe their own experiences more clearly, you are establishing the functional approach into your mind and learning to hear your students.

 

Our next session together will be 4 days in a row! More archetypes, more variations, more narrations, more philosophy, all weaved into practice, practice and more practice.

 

Until then, please take good care of yourself. Take lots of rest and find reasons to smile.

 

Om,

Joe and the Yin Variations Team

Hello Yogis, 

October 14th, 2020

 

トレーニングの2週間が終わりました。

ここまでのクラスでは、

 ・「機能的に」実践することについて

 ・「機能的に」指導することについて

     についてお話ししてきました。

十人十色の個性に気づきを向け、一人ひとりの形も違えば、願望や信念も異なるのだと、真の意味で理解できたならば、生徒それぞれの成長を見守り、自己実現を達成するためのガイド的な存在になれるということです。

・あなたの骨格、またその一部は「過伸展」でしょうか。それとも、十分に伸展しないでしょうか。

・あなたの足首はどれだけ屈曲「すべき」でしょうか。

・あなたの脚や腕は、長すぎますか。それとも、短すぎるのでしょうか。

(体における「プロポーション=比率」についてはまだお話ししていませんが、これも取り上げていきます)

 

これらの全てが誤った質問であることを、皆さんはもうお気づきでしょう。

あなたの持つ形は、あなたの個性であり、そのままで完全なのです。生徒がそれぞれの個性を見出し、受け入れ、そこに居心地の良さを感じること。指導者としてのゴールは、ここにあります。

解剖学的なトピック以外では、以下のような概念についても触れました。

 

陰ヨガの実践における

 ・陰と陽

 ・粗大身・アストラル体・原因身

 ・気

 ・So Humマントラ

 ・陰の呼吸法と陽の呼吸法

これらの言葉が、あなたにとって何を意味するのか。また簡潔に説明する際にどのように伝えるかなど、振り返って書き出してみてください。ただし、これらの言葉の定義には正解は存在しません。あなたの言葉で、これらの概念を説明できるようになってもらいたいと考えています。今の段階で疑問があれば、質問箱へとご記入ください。

あなたの定義について、クラス中にお尋ねしたり、ディスカッション内でシェアしてもらうことがあります。日本語でも英語でも、実際に教える際に使用する言葉を選んでください。(クラスを欠席された場合は、個人ファイルへの提出をお願いすることになります)

そして、7つの原型について、とりわけ5つの陰ヨガの原型についてご紹介してきました。実践・指導のガイドラインとなる7つのステップについてもご紹介してきました。ここからさらに詳しく、原型についてのスタディーを行なっていきます。

 

 ・7つの原型

 ・陰ヨガの7つのステップ

インバリエーションズ チーム一同、お一人おひとりと学びを深められることに感謝しています。

陰ヨガを学びたいと願うあなたの熱意、その真っすぐな眼差しが私たちのインスピレーションです。

 

では、またすぐに会いましょう。

 

Om, om, om, 

ジョー・バーネットとチーム インバリエーションズ

Hello Yogis,

October 14th, 2020

We are so pleased with the first two weekends of our training together. 

 

I get very excited in these early sessions where we open the discussion of practicing and teaching “functionally,” and the importance of recognizing each yoga student, each human as infinitely variable in form, desires, and beliefs, and still be able to guide everyone toward their unique progressions and achievements. 

 

Does your skeleton “hyper-extend?” Does it not extend enough? How far “should” your ankle flex? Are your arms or legs too long? Too short? We have not talked about proportions of arms and legs yet. But we will. And I hope we will all see that all of the questions above are flawed. Your form is fundamentally structured uniquely and perfectly. And our goal is to find your unique form and find comfort, ease and acceptance. Our goal is to train you to help others find their unique form, and find comfort, ease and acceptance. 

 

We have defined many terms that we will be using throughout the training such as 

 

Yin/Yang

Physical/Astral/Causal

Chi

So-Hum Mantra

Yin/Yang Pranayama

 

Maybe some of you were aware of these terms already. Maybe you have a different definition for these terms. Maybe you use these terms differently. If so, we would happily hear about those differences. 

 

Please start writing down your definitions of these terms (Yin/Yang, Physical/Astral/Causal and Chi) and how they apply to a Yin Yoga practice. 

 

Also, how might the So-Hum Mantra be used in a yoga asana practice, and how can the So-Hum Mantra be used in a seated meditation?

 

We will ask your definitions during the classes.  We encourage you to submit a question to the “Question Box” about these terms if they are still confusing.   

 

(If you missed the classes, then we will be asked to submit your answers in your Personal Folder. )

 

We have also discussed and practiced the 7 Archetypal Poses, especially the 5 Yin Archetypal poses. And we have discussed and practiced the 7 Phases of a Yin Pose. 

 

Again, we at Yin Variations Team are so pleased to study with you. You inspire us with your interest, focus and dedication to the practice of Yin. 

 

 

I am looking forward to seeing you all very soon!

 

Om, om, om, 

Joe Barnett and the Yin Variations team

Hello Yogis,

September 28th, 2020.

ようこそ、インバリエーションズへ。

この旅路の仲間になってくれたことに、心からの感謝を申し上げます。

私が、恩師であるポール・グリリーに出会ったのは、20年前のことです。ポール・グリリーが創造した「陰ヨガ」が世界に広まる前のことでしたが、陰ヨガに出会った瞬間、それが指導者として、そして実践者として、私のヨガとの向き合い方を変えるだろうとすぐさま理解しました。でもその時はまだ、私の人生観そのものを変えることになるとは理解していませんでした。

 

陰ヨガに出会ったことで、体に深くゆだねていくこと、体の声に耳を傾けること、機能的アプローチでボディ・マインド・ハートの個性に向き合うことを学び、それが私の人生に明晰さをもたらしてくれました。慈悲の心、洗練された行為を選ぶことを教え続けてくれています。

 

陰ヨガを学び、伝えたいと願うあなたの志は、尊いものです。この道は、セルフスタディー(陰ヨガの実践と内省)から始まります。私やインバリエーションのスタッフ全員が、マインドや感情という内的な体、骨や筋肉や筋膜という外的な体を探求するためのガイド役となり、自分自身とより深く、正直な関係性を築けるよう、お手伝いします。

 

このトレーニングは、より良い自分へと成長する旅路です。同時にそれは、友人や家族、コミュニティー仲間、そして同じ志を持つヨガの生徒たちが、体や心が軽やかで楽になり、それぞれのより良い自分を見つける旅路へと、繋がっていくでしょう。そして、社会に対し、より有益な行動や関わり合いを築くことができるようになりますように。

 

陰ヨガの道を選び、学ぼうとするその志に、感謝を込めて。

 私、そして自分自身を信頼してくれていることに愛と感謝を込めて。

ジョー・バーネットとチーム インバリエーションズ

 

Hello Yogis,

September 28th, 2020.

 

I am so grateful that you have chosen to get on this journey with us.

Twenty years ago, I met my teacher Paul Grilley, long before his creation of Yin Yoga spread across the world. I knew immediately that this practice would change my approach to teaching and practicing yoga. I did not realize at the time how my entire view of life would change.

 

Yin efforts of surrender into the depths of our bodies, Yin efforts of listening deeply, and the functional approach that shapes all Yin efforts to meet the unique body, mind and heart of each individual Yogi continues to carry me through this life with much greater clarity, compassion and skillful actions.

 

Your desire to better understand this practice and develop the skills to communicate it to others is noble. Know that this path begins with self-study and deeply personal introspection. Myself and the Yin Variations staff look forward to guiding you into a tour of your internal being of mind and emotions, and an exploration of your outer form of bones, muscles and fascia that will lead you to a deeper and more honest relationship with yourself.

 

While this process is about you leading you to to your best self. You will learn to help your friends, family, community members and eventually students on a similar process of finding their best selves, feeling lighter, and more easeful in their bodies and minds, and being more affective in their actions and engagements in the world.

Thank you for caring enough to join us on this path of Yin Yoga.

Thank you for trusting us and yourself.

 

Much love,

Joe Barnett and the Yin Variations team

© 2021 CALMiiA